江戸川南青色申告会
新型コロナウイルス関連 特設サイト

12/4 9:00更新
※平日の毎朝9:00までに定期更新いたします。


◆申告会事務局の営業状況

受付時間
平日9:00〜11:15、13:00〜16:15
(土日祝日は休館)
当会では、来館される方や職員の安全を考慮し、以下の取組みを実施しています。
・窓の開放・換気扇による換気
・飛沫飛散防止シートの設置
・職員のマスク着用
・来館者へのマスク着用・消毒液利用のお願い
・混雑時の人数制限
皆様に安心してご利用いただけるよう努めてまいりますので、ご協力お願い申し上げます。


本日(12/4)は営業しております。
12/7〜12/11は営業する予定です。
12/25が年内の最終営業日です。年明けは1/6より営業致します。

江戸川南青色申告会の通常のホームページはこちら
http://www.edogawaminami-aoiro.com/



◆新着情報

2020年12月 ▼

NEW 12/3、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11月28日〜12月17日実施分)」の実施概要の詳細が公表されました。
受付要項公表は12/18(金)14時、申請受付期間は12/18(金)から翌年1/25(月)を予定しているとのことです。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1010035/1012361/1012396.html
また、12/4(金)10時にポータルサイトが開設されます。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/nov/index.html

2020年11月 ▼

NEW 11/30、「新型コロナウイルスの影響で売上が減少した場合の給付金等について」を更新しました。
「固定資産税等の減免」について詳細を掲載しておりますのでご確認ください。
なお、青色申告会は認定支援機関等として、特例申告書の確認を12/1(火)より受付開始します。

NEW 11/25、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11月28日〜12月17日実施分)」の実施概要が公表されました。
受付要項公表や申請受付期間は決定次第、東京都ホームページにて公表予定とのことです。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/11/25/29.html

NEW 10/1、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(9月実施分)」の受付要項が公表され、申請受付が始まりました。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/sep/index.html

NEW 10/1、「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(9月実施分)の申請について」を掲載しました。ご確認ください。

9/11、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(9月実施分)」の実施概要が公表されました。
受付要項公表は10/1(木)14時、申請受付期間は10/1(木)〜10/30(金)を予定しているとのことです。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/09/11/11.html

9/2、「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(8月実施分)の申請について」を掲載しました。ご確認ください。

9/1、東京都の「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」のオンライン申請は、9/1(火)10時より受付開始です。
なお、郵送や都税事務所への書面提出による方法でも申請受付が可能です。9/30(水)が期限ですので、お早めにお手続きください。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/index.html

8/26、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」の申請受付要項が公表されました。
申請受付は9/1(火)より始まります。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/index.html

8/14、東京都より「東京都家賃等支援給付金」の申請受付要項が公表されました。
申請受付は8/17(月)より始まります。
https://tokyoyachin.metro.tokyo.lg.jp/

8/11、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」の実施概要が公表されました。
受付要項公表は8/26(水)14時、申請受付期間は9/1(火)〜9/30(水)を予定しているとのことです。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/08/07/12.html

8/4、東京都主税局より「令和3年度分の固定資産税・都市計画税の軽減措置について」が更新されました。
東京都特別区における特例申告書の様式が公表されましたが、東京都内の青色申告会においては、事務手続きを正確に行うための協議がされており、現在、特例申告書の確認は受け付けておりません。江戸川南青色申告会での受付につきましては、日程が決まり次第、本特設サイトにてご案内いたします。しばらくお待ちください。
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/ncov/new_virus_kotei_small.html

8/3、東京都より「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」の実施について公表されました。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/07/31/13.html

8/3、東京都より「東京都家賃等支援給付金」の実施について公表されました。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/07/27/14.html

7/22、「新型コロナウイルスの影響で売上が減少した場合の給付金等について」を掲載しました。ご確認ください。

7/14、「家賃支援給付金」の申請受付が開始されました。
また、申請サポート会場が7/15より開設されます。
https://yachin-shien.go.jp/

税務署から所得税の予定納税の通知書が届いた方にお知らせです。
上半期(1/1〜6/30)の業績が昨年よりも悪い・下半期の業績見込みが昨年より悪くなりそうといった場合、予定納税の減額申請をすることにより、税務署の承認が得られると納付額が減少又はゼロになります。
今回の新型コロナウイルスにより納税資金の準備が難しいという方はご検討ください。
承認を受けるためには、6/30の現況により申請書を作成し、7/15(水)までに税務署へ申請書を提出する必要があります。
詳しい手続方法や申請書のダウンロードはこちら↓
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/02.htm
また、減額申請により納付額が減少してもなお、納付が困難な場合には、納税猶予の制度がありますので、こちらもご参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan.htm

7/8、中小企業庁より「固定資産税の減免」の適用手続きの公表がされました。
https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2020/200501zeisei.html

7/7、経済産業省より「家賃支援給付金」の申請要領の公表がされ、申請受付が7/14(火)から始まります。
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

7/1、持続化給付金の支援対象が拡大し、「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業主」や「2020年1月〜3月の間に創業した事業者」も申請することができるようになりました。6/29より申請受付が始まっています。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin-kakudai.pdfリンク切れはこちら

7/1、「江戸川区外の自治体に関するご案内」を更新しました。
江東区の事業者向けの給付制度をピックアップしています。最新情報は各々の自治体のホームページ等をご確認ください。

6/17、東京都より「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の申請受付要項が公表され、申請受付が始まりました。
「東京都感染拡大防止協力金(第2回)の申請について」をご確認ください。

東京都の感染拡大防止協力金(対象期間:4/16〜5/6)、理美容事業者の自主休業に係る給付金(対象期間:4/30〜5/6)の申請書類の提出は6/15(月)をもって終了しました。
第2回の感染拡大防止協力金(対象期間:5/7〜5/25)については、6/17(水)14:00に東京都の特設サイトにて受付要項の公表が予定されています。
https://kyugyo.metro.tokyo.lg.jp/dai2kai/index.html

6/12、第2次補正予算が成立し、事業者の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」や「雇用調整助成金」の日額上限引き上げなどが決まりました。

6/9、政府の特設サイト内に、困りごとに対する様々な支援策を検索できる「支援情報ナビ」が公開されました。
https://corona.go.jp/info-navi/

東京東信用金庫において、5月の各土曜日(5/9、5/16、5/23、5/30)に休日相談窓口を開設し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている方に対する各種支援制度のご相談を承っています。ぜひご利用ください。
<開設窓口>
ハロープラザ両国:墨田区両国4-31-16(電話0120-363-324)
ハロープラザ西葛西:江戸川区西葛西3-22-16(電話03-3689-2541)
※ 来店して相談する場合には、事前予約が必要です。その他の詳細は下記リンクをご参照ください。
※ 「東京都感染拡大防止協力金」等の事前確認の専門家である青色申告会も参加・協力する予定です。
https://www.higashin.co.jp/topics/2020/20200508_corona_soudan.shtml

5/26、東京都より「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の対象期間を5/7(木)から5/25(月)までとすることが公表されました。
なお、対象期間以外の内容については、実施概要に変更はありません。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/05/25/19.html

5/20、東京都より「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の実施概要が公表されました。
受付要項公表や受付開始は6/17(水)の予定です。
https://kyugyo.metro.tokyo.lg.jp/dai2kai/index.html

5/19、「江戸川区外の自治体に関するご案内」を掲載しました。
千葉県・浦安市・市川市の事業者向けの給付制度をピックアップしています。最新情報は各々の自治体のホームページ等をご確認ください。

5/14、「国税・地方税・社会保険料に関するご案内」を更新しました。
申告や納付、届出申請などの特例等に関する措置が各リンク先に掲載されています。わかりやすいリーフレットの掲載もありますので、ぜひご参照ください。

5/12、「持続化給付金」の申請サポート会場が開設されます。
会場は順次開設され、5月16日までに各都道府県に1か所以上、5月末までに全国で400か所以上に設置予定とのことです。
また、6月以降も順次会場を追加する他、会場の設置がない地域にキャラバン隊を派遣するとのことです。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/support/

5/8、「持続化給付金」の支給額の算定方法が変更されました。
(変更前)10万円未満の額を切捨てして支給
(変更後)10万円未満の額を切捨てせずに支給
既に申請・支給がされている場合でも、再度の申請は不要とのことです。
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200508005/20200508005.html

5/7、東京都より「東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金」の募集要項が公表されました。
https://www.tokyo-kyugyo.com/ribiyo/index.html

5/5、東京都が休業要請(時間短縮営業を含む。)を5/31まで延長することを発表しました。
「感染拡大防止協力金」についても、追加で支給する方針とのことです。

5/1、「持続化給付金」の申請受付が開始されました。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

4/30、補正予算が成立し、全国民への10万円給付や一定の事業者への持続化給付金などが決まりました。

4/28、東京都産業労働局ホームページに「東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金」について掲載されました。
募集要項は5/7に公表予定とのことです。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/1007791.htmlリンク切れはこちら

4/27、経済産業省ホームページに「持続化給付金」の申請概要が掲載されました。
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html#90リンク切れはこちら

4/27、厚生労働省ホームページに「生活を支えるための支援のご案内」のリーフレットが掲載されました。 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000625687.pdfリンク切れはこちら



NEW ◆新型コロナウイルスの影響で売上が減少した場合の給付金等について

新型コロナウイルスの影響で、前年に比べ売上が一定割合減少した場合には、給付金の支給などが受けられます。代表的なものとして、「持続化給付金」「家賃支援給付金」「固定資産税の減免」などの制度があります。

持続化給付金

 対象期間:2020年1月〜12月(いずれか一月)
 売上要件:2019年の同月に比べて50%以上減少
 備  考:年間平均で比較などの特例あり
 申請方法:オンラインのみ(サポート会場あり)
 申請期限:2021年1月15日(金)
 詳  細:https://www.jizokuka-kyufu.jp/

家賃支援給付金(

 対象期間:2020年5月〜12月(いずれか一月または連続した三月)
 売上要件:一月…2019年の同月に比べて50%以上減少
      三月…2019年の同期間に比べて30%以上減少
 備  考:店舗や駐車場などの事業用の賃料が給付対象
 申請方法:オンラインのみ(サポート会場あり)
 申請期限:2021年1月15日(金)
 詳  細:https://yachin-shien.go.jp/

東京都家賃等支援給付金(

 申請要件:国の家賃支援給付金の給付通知を受けていること
 備  考:東京都内の物件の家賃等を対象
 申請方法:オンラインまたは郵送
 申請期限:2021年2月15日(月)
 詳  細:https://tokyoyachin.metro.tokyo.lg.jp/

NEW 固定資産税等の減免

 対象期間:2020年2月〜10月(連続した三月)
 売上要件:2019年の同期間に比べて30%以上減少
 備  考:事業用の建物と償却資産が減免対象
 申告方法:紙提出(認定支援機関等の確認が必要)
      ※資産の所在する自治体ごとに申告書を作成します
      ※青色申告会でも確認を受け付けます(12/1(火)受付開始)
       確認にあたりサポート料をお納めいただきます
 申請期限:2021年2月1日(月)
 詳  細:固定資産税等の減免チェックシート(青色申告会作成)[PDF/409KB]
      (青色申告会で特例申告書の確認をご希望される方は、このチェックシートを必ずご確認ください。)
      https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2020/200501zeisei.html(中小企業庁HP)
 申告用紙:東京都内(23区)の資産はこちらhttps://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/ncov/new_virus_kotei_small.html
      浦安市内の資産はこちらhttp://www.city.urayasu.lg.jp/todokede/zeikin/1029721.html
      市川市内の資産はこちらhttps://www.city.ichikawa.lg.jp/fin04/1111000089.html



10/1(木)、東京都の「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(9月実施分)」の申請受付が始まりました。
江戸川南青色申告会では、申請書等の交付を行なっております。
専門家による事前確認は不要となっていますが、提出書類に不安のある方は当会で確認をいたしますので、お気軽にご相談ください。
なお、申請書類の提出は10/30(金)までとなっております。

<第1回もしくは第2回または8月実施分の協力金が支給された方へ>
●提出書類が簡素化されています。
→ 第1回、第2回や8月実施分の申請と同じ店舗・施設で協力金を申請する方が対象です。
→ ご準備いただくものは次のとおりです。
・申請書
・誓約書
・酒類の提供をしていることがわかる書類の写し(カラオケ店は不要)
 (例)メニューや酒類の仕入伝票など
・営業時間短縮(または飲食店における酒類の終日提供中止)の状況が確認できる書類
 (例)ホームページやポスター、チラシ、DMなど
・「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗に提示している写真
●支給決定通知に記載された申込番号が必要です。
→ 第1回、第2回や8月実施分の申請をオンラインでされた方は「メール」で通知されます。
→ 第1回、第2回や8月実施分の申請を紙で提出された方は「はがき」で通知されます。
→ 通知を紛失等された方は、相談センターへお問い合わせの上、申込番号をご確認ください。
東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター
(電話)03-5388-0567
(受付)9:00〜19:00(土日祝日も開設)


<申請書類でのよくある誤り事例>
飲食店で、もともと朝5時〜夜10時の間に営業(ランチのみの営業など)している店舗が時短の申請をしている。
→ 申請の対象になりません。
飲食店で、もともと酒類の提供を行なっていない店舗が時短の申請をしている。
→ 申請の対象になりません。
●時短の状況が確認できる書類に、時短の期間や店舗名を明記していない。
→ 「9/1〜9/15の間、24時閉店を22時閉店へ時短営業しています ○○屋店主」等の具体的な記載が必要です。

申請書のダウンロードやオンライン申請はこちらから。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/sep/index.html
Q&A(9月実施分)はこちらから。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1011553.html



9/1(火)、東京都の「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(8月実施分)」の申請受付が始まりました。
江戸川南青色申告会では、申請書等の交付を行なっております。
専門家による事前確認は不要となっていますが、提出書類に不安のある方は当会で確認をいたしますので、お気軽にご相談ください。
なお、申請書類の提出は9/30(水)までとなっております。
また、23区内においては、9/1〜9/15についても時短の要請があり、協力金(15万円)の支給も予定されています。

<第1回または第2回の協力金が支給された方へ>
●提出書類が簡素化されています。
→ 第1回や第2回の申請と同じ店舗・施設で協力金を申請する方が対象です。
→ ご準備いただくものは次のとおりです。
・申請書
・誓約書
・酒類の提供をしていることがわかる書類の写し(カラオケ店は不要)
 (例)メニューや酒類の仕入伝票など
・営業時間短縮(または飲食店における酒類の終日提供中止)の状況が確認できる書類
 (例)ホームページやポスター、チラシ、DMなど
・「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗に提示している写真
●支給決定通知に記載された申込番号が必要です。
→ 第1回や第2回の申請をオンラインでされた方は「メール」で通知されます。
→ 第1回や第2回の申請を紙で提出された方は「はがき」で通知されます。
→ 通知を紛失等された方は、相談センターへお問い合わせの上、申込番号をご確認ください。
東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター
(電話)03-5388-0567
(受付)9:00〜19:00(土日祝日も開設)


<申請書類でのよくある誤り事例>
飲食店で、もともと朝5時〜夜10時の間に営業(ランチのみの営業など)している店舗が時短の申請をしている。
→ 申請の対象になりません。
飲食店で、もともと酒類の提供を行なっていない店舗が時短の申請をしている。
→ 申請の対象になりません。
●時短の状況が確認できる書類に、時短の期間や店舗名を明記していない。
→ 「8/3〜8/31の間、24時閉店を22時閉店へ時短営業しています ○○屋店主」等の具体的な記載が必要です。

申請書のダウンロードやオンライン申請はこちらから。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/index.html
Q&A(8月実施分)はこちらから。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1010005.html
営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(9月実施分)についてはこちらから。
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/08/28/13.html
Q&A(9月実施分)はこちらから。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1011553.html



6/17(水)、東京都より「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の申請受付要項の公表され、申請受付が始まりました。
申請の事前確認を、専門家である青色申告会で受けることができます。青色申告会は税務署の所轄ごとにございますので、最寄りの青色申告会での事前確認が便利です。
江戸川南青色申告会では、6/18(木)より申請書等の交付、事前確認の受付を開始します。
第1回の協力金が支給された方は、事前確認は不要となっていますが、提出書類に不安のある方は当会で確認をいたしますので、お気軽にご相談ください。
混雑が予想されますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、人数の制限など皆様にご協力をいただくことがございます。ご了承ください。
なお、申請書類の提出は7/17(金)までとなっております。

<第1回の協力金が支給された方へ>
●提出書類が簡素化されています。
→ 第1回の申請と同じ店舗・施設で協力金を申請する方が対象です。
→ 申請書、誓約書、休業等の状況がわかる書類をご準備ください。
●必ず、第1回の協力金と同じ申請方法で申請してください。
→ 違う申請方法で申請された場合、処理に時間がかかり、支給決定まで時間がかかる場合があるとのことです。
●支給決定通知に記載された申込番号が必要です。
→ 第1回の申請をオンラインでされた方は「メール」で通知されます。
→ 第1回の申請を紙で提出された方は「はがき」で通知されます。
→ 通知を紛失等された方は、相談センターへお問い合わせの上、申込番号をご確認ください。
東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター
(電話)03-5388-0567
(受付)9:00〜19:00(土日祝日も開設)


<申請書類でのよくある誤り事例>
飲食店で、もともと朝5時〜夜8時の間に営業(ランチのみの営業など)している店舗が時短や休業の申請をしている。
→ 申請の対象になりません。
●休業等の状況がわかる書類に、休業・時短の期間や店舗名を明記していない。
→ 「5/7〜5/31の間、臨時休業します ○○屋店主」等の具体的な記載が必要です。
●休業等の状況がわかる書類に、店頭に貼ったポスターを申請書に添付している。
→ ポスターだけでなく、店頭に貼っている店舗の外観写真等も必要です。

申請書のダウンロードやオンライン申請はこちらから。
https://kyugyo.metro.tokyo.lg.jp/dai2kai/index.html



4/22(水)、東京都より「東京都感染拡大防止協力金」について発表がありました。
申請の事前確認を、専門家である青色申告会で受けることができます。青色申告会は税務署の所轄ごとにございますので、最寄りの青色申告会での事前確認が便利です。
江戸川南青色申告会では、4/23(木)より申請書等の交付を開始し、4/27(月)より事前確認の受付を開始しました。
混雑が予想されますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、人数の制限など皆様にご協力をいただくことがございます。ご了承ください。
なお、申請書類の提出は6/15(月)までとなっております。

<申請書類でのよくある誤り事例>
飲食店で、もともと朝5時〜夜8時の間に営業(ランチのみの営業など)している店舗が時短や休業の申請をしている。
→ 申請の対象になりません。
●休業した飲食店が、申請書の取組内容で「全面休業」にチェックしている。
→ 「営業時間の短縮」の(2)にチェックし、従来の営業時間と休業である旨を記入します。
●休業等の状況がわかる書類に、休業・時短の期間や店舗名を明記していない。
→ 「4/16〜5/6の間、臨時休業します ○○屋店主」等の具体的な記載が必要です。
●休業等の状況がわかる書類に、店頭に貼ったポスターを申請書に添付している。
→ ポスターだけでなく、店頭に貼っている店舗の外観写真等も必要です。

申請書のダウンロードやオンライン申請はこちらから。
https://www.tokyo-kyugyo.com/



5/7(木)、東京都より「東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金」の募集要項が公表されました。
申請の事前確認を、専門家である青色申告会で受けることができます。青色申告会は税務署の所轄ごとにございますので、最寄りの青色申告会での事前確認が便利です。
江戸川南青色申告会では、5/8(金)より申請書等の交付・事前確認の受付を開始します。
混雑が予想されますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、人数の制限など皆様にご協力をいただくことがございます。ご了承ください。
なお、申請書類の提出は6/15(月)までとなっております。

<申請書類でのよくある誤り事例>
●休業の状況がわかる書類に、休業の期間や店舗名を明記していない。
→ 「4/30〜5/6の間、臨時休業します 理容○○店主」等の具体的な記載が必要です。
●休業の状況がわかる書類に、店頭に貼ったポスターを申請書に添付している。
→ ポスターだけでなく、店頭に貼っている店舗の外観写真等も必要です。

申請書のダウンロードやオンライン申請はこちらから。
https://www.tokyo-kyugyo.com/ribiyo/index.html



◆新型コロナウイルス関連情報

政府の特設サイトに各種支援についてまとめられています。ご参照ください。
https://corona.go.jp/action/


経済産業省ホームページに事業者向けの関連情報(資金繰り、給付金、経営環境の整備、税など)がまとめられています。ご参照ください。
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html


厚生労働省ホームページに新型コロナウイルスの関連情報がまとめられています。ご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営するポータルサイト「J-Net21」に都道府県別の補助金・助成金・融資に関する情報がまとめられています。ご参照ください。
https://j-net21.smrj.go.jp/support/tsdlje00000085bc.html


江戸川区のホームページで「特別定額給付金」の申請概要が掲載されています。
5月下旬から、順次、申請書が送付されます。オンライン申請は5/1から受付が開始されます。
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e039/bosaianzen/covid-19/taiou/tokubetuteigakukyuufukin.html


◆江戸川区外の自治体に関するご案内

<江東区>

「江東区持続化支援家賃給付金」
要件:法人にあっては本店所在地、個人事業主にあっては住所を区内に有し、令和2年2月から6月までの任意の一月で、前年同月の売上高等20%以上減少し、東京都感染拡大防止協力金の申請要件を満たしていないことなど
給付:30万円
https://www.city.koto.lg.jp/102020/jizokuka_yachin_intro.html

<千葉県>

「千葉県中小企業再建支援金」
要件:県内に主たる事業所を有する中小企業者(個人・法人)で、前年同月の売上高50%以上減少や、休業要請対象業種はその要請に応じていることなど
給付:10万円〜
https://www.chiba-shienkin.com/

<浦安市>

「浦安市中小企業者等事業継続給付金」
要件:個人事業者を含む市内中小事業者で、前年同月の事業収入50%以上減少など
給付:10万円
http://www.city.urayasu.lg.jp/shisei/jigyosha/1007216/1029444.html

<市川市>

「減収対策緊急支援給付金」
要件:市内の給与所得者・事業所得者(所得制限等あり)で、前年同月の収入20%以上減収など
   または住民税が非課税の者
給付:令和元年度の住民税相当額(非課税の者は5,000円)
https://www.city.ichikawa.lg.jp/res01/1111000135.html

「事業者緊急支援事業臨時給付金」
要件:市内で事業を営む個人事業主で、休業・短縮営業の実施やマスク・消毒液の購入などに取組み
給付:経費と同額(20万円を上限)
https://www.city.ichikawa.lg.jp/eco01/1111000203.html

◆国税・地方税・社会保険料に関するご案内

<令和元年分の所得税や消費税の申告・納付について>

所得税や消費税について、申告期間が4/16(木)までと延長されましたが、感染拡大防止の観点から、4/17(金)以降であっても柔軟に確定申告書を受け付けることになりました。
また、納付が困難な方は、申請により猶予が認められる場合もございます。
税務署では、来署者の混雑緩和のため、事前予約制となっております。来署する前に所轄の税務署へ必ずお電話ください。
https://www.nta.go.jp/

<各種特例等の措置について>

申告や納付、届出申請などの特例等に関する措置が各リンク先に掲載されています。わかりやすいリーフレットの掲載もありますので、ぜひご参照ください。

国税庁ホームページに「国税」に関する措置が掲載されています。ご参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/keizaitaisaku/index.htm

総務省ホームページに「地方税」に関する措置が掲載されています。ご参照ください。
https://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000399.html

厚生労働省ホームページに「社会保険料」に関する措置が掲載されています。ご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10925.html

Copyright © 2020 一般社団法人 江戸川南青色申告会 All Rights Reserved.